フィギュア・バレエ・審美系スポーツの方へ


【ようこそ!フィギュア・バレエ、審美系スポーツのみなさま】

 

 

まずは、ちょっとだけお話にお付き合いくださいね。

葵接骨院の5つの特徴

その1 地域密着型ではなく競技密着型。

その2 平成14年の開業当初からスポーツリハビリ、スポーツ医学をとりいれてきた。

その3 すぐに対応、こまめに対応ができレッスンとの両立がしやすい

その4 画像チェックがすぐできる

その5 各分野の専門家と連携がすぐにはかれる

 

 

院長自身がスポーツ整形外科のリハ室での勤務から、独立したのが平成14年。当時の接骨院ではスポーツに特化したところは非常にまれで、周辺の治療院は地域密着で老人さんの対応が多かったのに対し、競技密着型で7割が区外からの患者さんでした。特にフィギュアスケーターの来院が増え、今では、フィギュアスケーターの治療は藤田先生の葵接骨院というまで名前が広がり、フィギュアスケーターに対する治療実績は他に類をみません。

スケーターを診るにあたり、スポーツ医学をベースにしながら、海外からの情報も拾って選手をバックアップしていったのですが、欧米人の置かれている衣食住の違いは日本人のスケーターにそのままあてはめることはできないことに気が付きました。日本人がもつ身体的特徴や栄養を理解し、より日本人スケーターにあった施術やトレーニング、栄養指導を実施しています。

また、病院のように、診察リハビリに時間をとることがないのが小さな接骨院の利点です。突然の怪我にすぐ対応でき、必要ならこまめに通院を促し、集中して治療できる環境を提供できるため、レッスンとの両立、レッスンへの復帰がしやすくなっています。また、骨折の有無、靭帯断裂の有無のチェックから、炎症からの回復度合いをエコーを使ってその場でみることも。

鎖骨Freco2

葵で解決できないものには、外部の力もお借りしています。

こどもの成長段階に必要なことやメンタルの相談、親御さんが持つ悩みの相談、栄養、トレーニング、表現力、いろいろなプロとの連携も強み。

これらは、フィギュアスケーターだけにとどまらず、さらにバレエや他の審美系スポーツへも生かすことが可能です。

バレエはバレエの解剖学や生理学、栄養学などもあります。これらはざっくりと「ステージ医学」というくくりになります。

葵が持つフィギュアスケーターというスポーツと芸術面を持ったスポーツ医学の知識や経験を、バレエなどのステージ医学に合わせていくと、悩みの解決が簡単になったり、新たなアプローチ方法が見つかったりと、新たな未来が見えてくることも。

葵接骨院が、バレエや他の競技方のお役に立てるのであればとっても嬉しいです。

すべては、選手もダンサーも、それぞれのベストパフォーマンスのために!

想いは同じなので、お気軽にバレエの方も、審美系競技の方も受診してくださいね。

 

 

 

【通院を検討するなら】

 

 

【診療】

☆練習中のけが(ひねった、ぶつけた、こけた等による痛みなど)は・・保険診療

保険診療

 

☆ある動きで必ず痛みがでる、姿勢が良くないと注意される、長期にわたる痛みがある、原因のわからない痛みや違和感は・・・あおいラボ

フィギュア、バレエ、審美系の9割の方が最初にこちらを受診されます。

あおいラボ(赤)

 

 

【トレーニング】

けがをしない基礎トレーニングや、さらにバランスシューズトレーニングや筋力をアップさせたい、俊敏な動きを獲得したい、踊りきれる体力をつけたい、トウシューズが履ける強さが欲しいなど。

トレーニング)

 

姿勢調整、トリートメント、トレーニング全てを短時間(1時間)で完結したい。発表会やコンクール前のコンディショニングを行いたい (裏メニュー)

コンディショニング

 

柔軟性を獲得したい(スケーター以外も参加されています)

柔軟クラス

 

 

 

 

 

【最新情報のチェック!ブログについて】

 

毎週木、土

木曜日は審美系ブログ
担当は1,2週目が三輪トレーナー、3,4週目は院長藤田。フィギュアスケーターやバレエなどの審美系にまつわるお話。 

土曜日は一般患者さん向けブログ
担当は第1,2週目が院長藤田。3,4週目は三輪トレーナー。一般の保険診療で多い症例や交通事故、健康の豆知識などを読みやすく紹介。

 

 

 

 

【自動的にあなたのもとに情報を届けるLINE@ 】

★LINE@葵接骨院・・・・・休診情報やお得情報などを不定期にお届けしているLINE@です。

               ID検索で登録のかたは @jik4357s

友だち追加

★LINE@あおいらぼ・・・・毎週日曜日配信

57281382 - the back view of muscular young woman athlete with a skipping rope on white background.

【からだもふところも痛くない!】を実現すべき、ブログではアップしていない、女子アスリートの指導者や親御さん、トレーナーや治療家向けの記事をLINE@にて毎週日曜日に配信しています。

内容は、からだにまつわることと、お金にまつわること。

対象は 女子ジュニアアスリート、一般女子アスリート、親御さんや指導者、女子アスリートにかかわる治療家やトレーナーさんなど。

著書「フィギュアスケーターの治療室から」でも反響の大きかった第2章の女子選手の悩み。ここに特化した情報を知りたいという、親御さんや治療家さん、指導者さんのお声からLINE@での配信を始めました。成長期の女子選手のからだの特徴などを中心に配信しています。成長期の生理の悩みや身体の変化、女子選手が持つ悩みや解決法などに特化しています。おともだち登録で、「本には載らなかった5つの女性アスリートの特徴」の無料PDFをプレゼント中です。登録時のお礼メッセージからダウンロードしてくださいね。

登録お待ちしています。

ID検索の場合は @aoilabo758
友だち追加